無料情報の天使!(知る限りの情報を無料で書きまくります)
色々なジャンルの情報を無料で提供します!!~by ANGEL~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は生きつづけたい
これは私の友人の友人にあたる方からの心の叫びです。

「僕は生きつづけたい」
これは、人工心臓につながれて三年の宇野純平君の願いです。

現在、九州大学病院心臓外科に入院中の宇野純平君(22歳)は、サッカーで高校推薦を受けるほどのスポーツ少年でしたが、三年前(当時19歳)の4月に突然激しい高熱と嘔吐で、あと8日の命と宣告され、その後の検査の結果「特発性拡張型心筋症」と診断されました。やむなく補助心臓装置手術を受け、一命をとることができました。
小型冷蔵庫ほどの大きさの人工心臓から伸びた3mのホースの先端が純平くんの心臓に直接入っており、痛々しい人工心臓の機械的な鼓動が今日も純平君の命をつないでくれているのです。
発症したとき、国内移植を目指して国内での臓器提供者(ドナー)をひたすら待ち続けましたが、耐用年数が一年半だとも言われている人工心臓につながれたまま二年半が経った2007年10月にも提供者が現れず、純平君を助けるためにはもう海外臓器移植に頼る以外方法がありません。
その間、昨日まで大きな声で笑っていた同病の入院患者の友だちが、人工心臓の中で、出来た血栓が脳に詰まり、今日は帰らぬ人となってその声も聞けなくなってしまう死と背中合わせの現実の中で、生きる希望を海外移植に託して精神的、肉体的な苦痛に耐え、手術に耐え得る身体をつくるために毎日大変な努力をしています。
人工心臓を装着した純平君は、長距離の渡航が出来ないため、アメリカ・ピッツバーグ大学病院のロバート・コルモス先生が手術をしてくださることが決まり、去年の9月26日記者会見をおえ、すぐに募金活動に入りましたが、目標金額が1億円と莫大な額のため、私たちだけの力では、達成できません。幸いにもJ1の鹿島アントラーズの田代選手が個人的に応援してくださり、支援の輪が全国に拡がりましたが、もっともっと沢山の方々に知っていただくためにも全国の皆様にご支援協力の呼びかけをお願いし、ぜひとも一日もはやく移植手術を受けることができるようにお願い申し上げます。


「特発性拡張型心筋症」
これは心臓の筋肉、その細胞の一部もしくは全ての性質が変化してしまい、通常の筋肉が薄く延び心臓のポンプ機能が著しく低下してしまう病気です。


純平君と私は同じ高校の同級生で、彼氏は同じサッカー部でした。
現在もまだ目標金額の半分をこえたばかりです。地方在住で大人の純平君にはなかなか難しい活動になっているのではないかと思います。直接募金や活動のお手伝いはもちろん、募金箱の設置、イベント会場などでの募金活動の提供なども力になると思います。ブログを持っている方は、自分のブログで純平君の紹介をお願いします。できることから、ぜひ皆さんのご協力ですが、まずは自分の日記で紹介させていただきました。簿記の輪が拡がって、純平君の渡米が1日も早く実現するよう、ご協力お願いします。


NTTの固定電話からかけるだけで315円の自動振込みとなる(IP・ひかり電話では使用できない場合があります。)
「純平君いのちのダイアル」0990501888 ※KDDIマイラインプラスの場合は、先頭に1220036をお付け下さい。
問い合わせは支える会の
TEL0928915037

宇野純平君を支援するグループ
「純平ハートサークル」のホームページ
http://unojunpei.com/
スポンサーサイト
あなたが助けられる命があります
昨夜は本当に久しぶりに外食をしました。
両親の結婚記念日だったので、毎年この日だけはコースの料理をご馳走していたんですけど今年は働けなくなって収入がないからやめようと思っていたのに、両親から誘ってくれました。

医師から「行動療法も行ってください」と言われたため出かけるようにしました。
でもあまり食べる気持ちにもならないし、留守番をしている犬のことが気になって・・・。
贅沢なことですよね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

国連によると、いま世界で毎日およそ 24,000人の人々が飢餓あるいは飢餓に関連した死因で亡くなっています。そのうち4分の3は、5歳未満の子供たちです。実に 3.6 秒に1人の割合で子供達が飢餓で亡くなっているのです。さらに世界中で約8億人の人々が飢餓と栄養失調で苦しんでいます。彼らは十分な食べ物やきれいな飲み水がないために栄養失調になり、風邪や下痢のような病気でも簡単に死んでしまうのです。

1日1回のクリックで救われる命があります
あなたの力を必要としている人がいます。
あなたが助けられる命があります。

白血病でも治るんです!
今年、私が働いていた会社の社員の方が亡くなりました。
なぜか会社は彼の病名を隠していましたが、私は社会保険担当の仕事をしていたので病名は知っていました。
「急性骨髄性白血病」・・・ビックリしました。それほど親しくはありませんでしたが、わりと話をする機会が多かったし、まだ35歳でした。

私は会社の保健師さんに「病名をみんなに言って、骨髄提供をしてもらったらどうでしょうか?」と提案したのですが、本人は周りの人たちに心配かけたくなかったし治って仕事に復帰するつもりだから病名を伏せていて欲しいとの願いだったのでそれはできないと言われました。

治って戻ってきて欲しいという気持ちはすごく私も強かったです。
でもその願いは叶いませんでした・・・。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

骨髄移植をして治る病気でもありますが、適合するのはほんのわずかの人だけです。ドナーが全く足りません。
私やあなたにできることは2つあります。
☆骨髄バンクにドナー登録すること
☆募金により支援すること

より多くの救命には、資金が必要です。

骨髄バンクの運営には多額の資金が必要です。公的な補助金も受けていますが、十分ではありません。運営資金の多くは患者負担金と善意の方々の寄付金によって支えられています。
現在も、移植を希望する患者さん約1600人のうち、約1000人の患者さんは、ドナー候補者が一人も見つかっていません。ドナー登録者30万人の目標達成と、一人でも多くの患者さんの命を救うため、皆さまのご協力をお願いします。

骨髄バンク運営費は年間約14億円が必要です。
そのうち広報費は2億2000万円にのぼります。

すべての患者さんに移植の機会を提供するためには、ドナー登録者数が30万人必要といわれており、そのためには広報活動が重要です。パンフレットやポスターの印刷、ドナー登録会開催などの広報費のうち、政府補助金は約4000万円。一人でも多くの患者さんに、少しでも早く移植の機会を提供するため、皆さまのご支援をお願いします。

骨髄移植推進財団
ドナー登録の方法、募金の仕方等詳しいことはこちらのページをご覧ください。

価格.comさんがあなたの代わりにクリック募金をしてくださいます
1日1回のみです。
盲導犬協会へのワンクリック募金
私は突然の病気で働けなくなりました。
会社にも迷惑をかけ、家族にも迷惑をかけ、友達も・・・
私がいることでたくさんの人に迷惑がかかる。

そんなとき、いつもかわらず私のそばにいてくれて、頼ってくれて、私を必要としてくれたのが愛犬でした。
「この子は私がいなくちゃ生きていけないんだよな・・」
そう思ってから生きていることに感謝をするようになりました。

あなたにもできることがあるはずです。
あなたを必要としている人や動物があるはずです。

私は自分にできることを探そうと決心しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

目の見えない人、目の見えにくい人は、盲導犬と歩くことで、行きたい時に、行きたい場所へ、安全に行くことができるようになります。

盲導犬は、誕生から引退後の生活まで、寄付・募金やたくさんのボランティアの方々に支えられています。お陰さまで、現在では約1,000頭の盲導犬が日本全国で活躍するようになりました。しかし、盲導犬を希望する目の不自由な人の数は約7,800人とまだまだ足りないのが現状です。

盲導犬と歩くことは、目の不自由な方の今日を支え、明日、そして未来を拓く力になります。公的な助成は少なく、日本盲導犬協会の毎年の収入の9割以上は、皆さんからの温かいご支援で成り立っています。いろいろな方法がありますので、どうか末永く盲導犬を応援してください。

尚、当協会は、平成5年に特定公益増進法人として認定され、当協会に対する寄付金は、減免税の対象になります。

日本盲導犬協会

価格.comさんがあなたの代わりにクリック募金をしてくださいます
1日1回のみです。

Copyright © 2005 無料情報の天使!(知る限りの情報を無料で書きまくります). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。