無料情報の天使!(知る限りの情報を無料で書きまくります)
色々なジャンルの情報を無料で提供します!!~by ANGEL~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お子さんの学力が気になる方
12月ももう半分終わってしまいました。
もうすぐ今年も終わりですね・・・。

時間が経つのはとても早いです。
お子さんがいらっしゃる方はとくにそう感じるのではないでしょうか。
年末年始休みが終わればもう3学期。

進級・進学と勉強も心配になってきますよね。
学校で教える内容も昔と違っていて親が教えるのも難しくなってきます。

来年の年始はカレンダーの関係でお休みが長い方も多いのではないですか?
無料で資料を取り寄せて、お子様の学力をチェックしてみたり、どんなことを
勉強しているのか知るのにもいい機会かと思います。

ついでに自分のスキルアップを考えてみちゃったりして♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


【小学6・5・4年生のかたとその保護者のかたへ】
<復習ドリル><先取り英単語100><中学大辞典><高校入試の極意>
中学準備トライアルセット! ☆全員無料プレゼント☆




小・中・高校生に!入試情報&苦手克服問題集を無料プレゼント!



TVCMでおなじみ!応能学習『太陽くん』
勉強嫌いなお子様、勉強の苦手なお子様に…無料体験実施中!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(こちらは有料のご紹介となりますのでご承知ください)






スポンサーサイト
白血病でも治るんです!
今年、私が働いていた会社の社員の方が亡くなりました。
なぜか会社は彼の病名を隠していましたが、私は社会保険担当の仕事をしていたので病名は知っていました。
「急性骨髄性白血病」・・・ビックリしました。それほど親しくはありませんでしたが、わりと話をする機会が多かったし、まだ35歳でした。

私は会社の保健師さんに「病名をみんなに言って、骨髄提供をしてもらったらどうでしょうか?」と提案したのですが、本人は周りの人たちに心配かけたくなかったし治って仕事に復帰するつもりだから病名を伏せていて欲しいとの願いだったのでそれはできないと言われました。

治って戻ってきて欲しいという気持ちはすごく私も強かったです。
でもその願いは叶いませんでした・・・。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

骨髄移植をして治る病気でもありますが、適合するのはほんのわずかの人だけです。ドナーが全く足りません。
私やあなたにできることは2つあります。
☆骨髄バンクにドナー登録すること
☆募金により支援すること

より多くの救命には、資金が必要です。

骨髄バンクの運営には多額の資金が必要です。公的な補助金も受けていますが、十分ではありません。運営資金の多くは患者負担金と善意の方々の寄付金によって支えられています。
現在も、移植を希望する患者さん約1600人のうち、約1000人の患者さんは、ドナー候補者が一人も見つかっていません。ドナー登録者30万人の目標達成と、一人でも多くの患者さんの命を救うため、皆さまのご協力をお願いします。

骨髄バンク運営費は年間約14億円が必要です。
そのうち広報費は2億2000万円にのぼります。

すべての患者さんに移植の機会を提供するためには、ドナー登録者数が30万人必要といわれており、そのためには広報活動が重要です。パンフレットやポスターの印刷、ドナー登録会開催などの広報費のうち、政府補助金は約4000万円。一人でも多くの患者さんに、少しでも早く移植の機会を提供するため、皆さまのご支援をお願いします。

骨髄移植推進財団
ドナー登録の方法、募金の仕方等詳しいことはこちらのページをご覧ください。

価格.comさんがあなたの代わりにクリック募金をしてくださいます
1日1回のみです。
盲導犬協会へのワンクリック募金
私は突然の病気で働けなくなりました。
会社にも迷惑をかけ、家族にも迷惑をかけ、友達も・・・
私がいることでたくさんの人に迷惑がかかる。

そんなとき、いつもかわらず私のそばにいてくれて、頼ってくれて、私を必要としてくれたのが愛犬でした。
「この子は私がいなくちゃ生きていけないんだよな・・」
そう思ってから生きていることに感謝をするようになりました。

あなたにもできることがあるはずです。
あなたを必要としている人や動物があるはずです。

私は自分にできることを探そうと決心しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

目の見えない人、目の見えにくい人は、盲導犬と歩くことで、行きたい時に、行きたい場所へ、安全に行くことができるようになります。

盲導犬は、誕生から引退後の生活まで、寄付・募金やたくさんのボランティアの方々に支えられています。お陰さまで、現在では約1,000頭の盲導犬が日本全国で活躍するようになりました。しかし、盲導犬を希望する目の不自由な人の数は約7,800人とまだまだ足りないのが現状です。

盲導犬と歩くことは、目の不自由な方の今日を支え、明日、そして未来を拓く力になります。公的な助成は少なく、日本盲導犬協会の毎年の収入の9割以上は、皆さんからの温かいご支援で成り立っています。いろいろな方法がありますので、どうか末永く盲導犬を応援してください。

尚、当協会は、平成5年に特定公益増進法人として認定され、当協会に対する寄付金は、減免税の対象になります。

日本盲導犬協会

価格.comさんがあなたの代わりにクリック募金をしてくださいます
1日1回のみです。

Copyright © 2005 無料情報の天使!(知る限りの情報を無料で書きまくります). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。